忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
看羊録から
個人的メモ

嗟乎以我國士馬之精銳。弓矢之長技。屈於此奴之短兵。
ああ、我が国の士馬の精鋭や弓矢のすぐれた技がありながら、この倭奴の短兵(刀剣)に屈するとは。

We succumb to (the swords of) these Japanese soldiers, while we have excellent archery skills and elite cavalry.

日本之劍。只用於數歩之內。朝鮮之弓矢。遠及於數百歩之外。使朝鮮力戰。難與爭鋒云矣。
日本の剣は、ただ数歩内で用いるだけだが、朝鮮の弓矢は遠く数百歩の外まで及ぶ。もし朝鮮が力戦していたならば、鋒を争うのは困難だったろう。

The Japanese sword works only in close combat, Korean archery is long range weapon. If we fought for our lives,they wouldn't be able to approach us.

寧捨君父之讎。寧以子女與賊。而不肯效死力戰
どうして君父の仇を捨てておき、どうして子女を賊に与えておきながら、死力を尽くして戦おうとしなかったのでしょうか

We abandoned our fathers' foe and even tributed daughters to the enemy, why we didn't make desperate efforts?
PR
【2012/05/16 13:48 】 | 定型文 | 有り難いご意見(0)
<<Ishikawa Goemon Ninja Theory 石川五右衛門忍者説 | ホーム | NHK杯主催のパーティーでなぜか忍者ショーの笑撃>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>