忍者ブログ
  • 2018.12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.02
忍者の黒装束はいつから始まった?
藤井青銅著『「日本の伝統」の正体』
Amazon link

この本によると
「幸いなことに、江戸時代はその後も平和が続く。すると1760年代あたりから、実態とはかけ離れた忍者・忍術が、芝居や本の中で活躍を始めるのだ。児雷也、飛加藤、石川五右衛門……など。芝居では、一目でそれが忍者だとわからなくてはいけない。だから、黒装束の忍者は人形浄瑠璃や歌舞伎で、このあたりから始まる。実際にそんなものを着ていたら、「私は怪しい者です」と自己申告しているようなものだ。」


他にも
「色仕掛け専門の「くノ一」なら、山田風太郎の発明と言っていいかもしれない。」

「忍者社会を階層分けし、そこに身分制度の趣まで持ち込んだのは司馬遼太郎とも、白土三平とも言われている。しかしこれも『万川集海』に「上忍」という言葉がある。ただし、意味は「すぐれた人」ということでしかないし、中忍も下忍も出てこない。」
PR
【2019/01/11 12:45 】 | 歴史の中の忍者 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | Did Ninja really wear the black costume?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム | 次ページ>>