忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/17 16:31 】 |
忍者刀で塀をよじ登るという話の出どころ

まず忍者刀そのものがフィクション刀であるのだけれど、忍術のひとつとして刀を塀に立て掛け、鍔を踏み台にして登るという有名な話がある。

参考
http://photagram.net/media/BNIHcVflC3R

コレに関して江戸後期の文書「剣甲新論」 にこのような記述があるそう。
 (以下は)俗説にて取るに足らず。攻城塀乗等の時、刀の下緒の片端を栗形へ結び付け片端を帯へ結び付け、刀を塀へ立て掛け鐔を足掛かりにし塀上へ取り乗り、下緒を引きて刀の来る如くする事あり、栗形を丈夫にするはこれ等の為なり。又、旅宿等にて、大小の下緒を結び左右に置きその上へ布団を敷き寝ることあり。又、鉄砲の台などの用あり。    
<『剣甲新論』慶応紀元乙丑晩秋新刻・水藩 鈴木黄軒>
 https://ameblo.jp/o-deco-3/entry-11964473059.html

忍者と関係なく江戸期既にあった話だがあくまでも

俗説にて取るに足らず
PR
【2018/03/13 08:30 】 | Ninja History | 有り難いご意見(0)
<<Climbing a wall with Ninja Sword myth | ホーム | 朝鮮王朝実録に記録された日本の忍びの噂>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>