忍者ブログ
  • 2017.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/28 09:45 】 |
最近誰かが流行らせようとしている「剣道韓国起源説は日本起源」について
Youtubeでもたまに「韓国人はそんなこと言ってない、これは日本人が言いふらしてるんだ」という韓国人がいるんだけど、全く事情を知らないで「悪いことは全て日本人のせい」という彼ら特有の思考が働いてるにすぎない。 ところが最近それを日本国内で言い始めた人がいるようなので、この問題を割りと早いうちから察知して調べ物などをやっていた私が解説しよう。
まずその動きがあったのはツイッター。


「剣道韓国起源説」は日本起源か?
http://togetter.com/li/487606

まだ調べてる最中です。 最初にこの風説が出はじめてから10年以上が経過しているため、当時のテキストがなかなか見あたりません。
※まとめの主旨にそぐわないコメントは削除することがあります。

4月15日時点における、オレの認識。これに尽きます。 「韓国が起源を主張しているとの主張の根拠は、そう信じていなければそうとは読めないものばかりだ。そう信じていなくてもそうとしか読めないものを出せばいいんだけど、そんなものがあるなら嫌韓者がとっくに出している。」
https://twitter.com/yunishio/status/323739838211829760
韓国が剣道の主張をしている韓国のソースを見つけようとしているようだが、もうここから間違っている。
私が最初にクムド問題を知ったのはアレクサンダー・ベネット氏によるKorea - The Black Ships of Kendo という2004年に発表された論文。
(kendo-worldに全文あるのだがなぜか有害サイト警告が出るのでリンクしないでおく)
部分引用↓


Recently, a new phenomenon has started to become apparent. One of the most significant contributors to the popularisation of budo in recent years is not only the Japanese, but also the Koreans. There has been a noticeable trend in the appearance of dojang around the world rather than dojo. Dojang is the Korean word for dojo, and where the Japanese left off, the Koreans are taking positive strides to pick up on the basis of most of the reasons I have outlined above.
Particularly in regions where Korean immigrants are numerous, yudo dojang are springing up in place of judo dojo, taekwondo provides an attractive alternative to karate for self-defence and has the added bonus of being a competitive Olympic sport, hapkido is Koreanised aikido, and more recently, kumdo is making inroads into the kendo world attracting mainly Korean immigrant children at this stage, but has the potential to change the face of kendo internationally, which will eventually have far reaching consequences even in Japan. This interesting phenomenon of the gradual Koreanisation’ of budo overseas is perceived by the Koreans as the internationalisation of their own Korean martial arts heritage. The Koreans are aggressive in their dissemination, sometimes nationalistic, and often very commercial in their approach, providing attractive packages for their students and instructors alike, not to mention propositions of business partnerships with already existing dojo.

めんどくさいから全部は訳さないよ。
海外の韓国人居住区では柔道がユド、空手がテコンドー、合気道がハプキドー、剣道がクムドとして人気。
海外における武道のコリアナイズ化は韓国人の間で「韓国伝統武道の国際化」と認知されている。
韓国人はその普及にアグレッシヴでナショナリスティック、魅力的なパッケージや宣伝で生徒を集める。
(ココ朝鮮忍者がやってることと同じだね!)既存の道場とは提携しない。

As colonies of Japan, the Taiwanese and Korean populace were also ‘encouraged’ to participate in these activities.(3) Koreans took to budo with unexpected enthusiasm, and even when the war ended and the Republic of Korea was established, they maintained a commitment to kendo that persists to this day, evident in the comparatively high level and large population of enthusiasts. (4) However, in many ways the old wounds of the occupation have still not healed, and in a nationwide revisionist stance, Koreans for the most part refuse to entertain the notion that the sport's origins lie in Japan, and instead call it "kumdo", insisting that it originated in Korea.(5)

日帝の恨みが続く韓国では剣道の起源が日本にある事を嫌って剣道と呼ばずにクムドと呼びその起源は韓国にあると主張する。

For example, to demonstrate this revisionist mentality, I have quoted the historical information placed on the official homepage of the Korea Kumdo Association.(6)
この歴史修正主義を見るために、例えばKKAの公式サイトから引用してみよう。

“Our nation boasts a long history and tradition of swordsmanship. In the Koguryo dynasty (?-688) mountain ascetics perfected their technique in sword and other weapons.
Similarly, the Paekche kingdom held specialist departments for the manufacture of swords, and there are records suggesting that sword masters were sent to Japan to teach swordsmanship.
However, kenjutsu developed greatly during the Silla dynasty (668–935).
Where a military academy was established in the capital city of Kyongju and was open to young men of aristocratic birth. Upon completion of their training, these young men were given the title hwarang, meaning Flower Knight.
This period was indeed the time when the military arts flourished. One of the most significant contributions to future swordsmen to come form this period was the book Bon Gook Gum Bup (••••••). This treatise forms the basis for two-handed sword techniques and modern kumdo...
The Koryo dynasty (935-1392 AD) inherited the Silla kenjutsu legacy and continued to develop it further. However, during the Chosun dynasty (1392-1910), military arts became disfavoured compared with civil arts, and fell into disarray. On the other hand, during this period, the recipients of our culture in Japan continued to develop the culture of the sword and it began to flourish over there.”

我が国は古い歴史とともに剣術が自慢だ。
高句麗では仙人が剣術をマスターした。
百済には刀工庁(?)があり史料によると日本に剣客を派遣していた。
しかし実際剣術が発達したのは新羅だ。
花郎のトレーニングに剣術が使われており、この頃が最も武術がさかんだった時代でもある。
後世の剣術家に影響を与えた本国剣法が生まれたのもこの時代だ。(なぜかbookになってるが)
この両手で刀を握るスタイルがクムドの元だ。
高麗は新羅の剣術を継承し発展させた。
ところが李朝時代になって武術は廃れた。
しかし一方で我々の文化を受け継いだ日本人が剣術を発展させていたのだ。

以上が当時の剣道韓国起源説。
韓国人は起源説をその時その時で変節させるので今とは微妙に違う。
私はこの論文を当時日本に剣術修行に来ていた外国人から教えてもらってびっくりしたのだ。
剣道協会はどうも無視を決め込んでいたようだが、2ちゃんねるあたりでは一部ですでに話題になっていたらしい。
韓国人は一般的に漢字が読めないので古代のことになるとこういう民族主義的に歪曲されたファンタジーを好んで信用する傾向がある。
しかしある程度事情を知っている立場の人はさすがに日本人に対してこういった電波を発するのはマズイと思うようで、このような起源説は主に欧米で熱心に広めている。
欧米人は一般的に日中韓の区別がつかないことをわかってやっているのだろう、しかしこの論文やテコンドーの韓国起源説を否定した論文などにより海外の武道家の間で「韓国武道の歴史ってデマだらけなんじゃないか?」という認識が広まり始め、今は当時と比べてだいぶマシになってきている。




なぜ荒唐無稽な主張だけ外部サイトなのかというとKKAもさすがにその起源説を多言語で宣伝する勇気がなかっただけ。
現在デッドリンクになっているのは逃走した証拠である。
日本人に見つかって逃げたウリジナルサイトは結構あるんじゃなかろうか?
韓国の日本武道起源説は主に海外向けの「韓国武道の国際化宣伝工作」に使われているので、韓国内向けのサイトを探してもあまり意味は無い。

そんで現段階での剣道韓国起源説の内容はというと、Kumdo.comによると「日本は剣道をスポーツ化させたが、その根は我が国にあるのが誇りだ」というもので、根というのは上記の翻訳にも出てきた「本国剣法が新羅から日本に伝わった」という話だ。
もちろんデタラメ。
本国剣法起源説について詳しくは私の動画を参照のこと。


武芸図譜通志本国剣の全訳はこちら
More on Bonguk Gum 本国剣全訳


これも全く歴史がわかってないというか、朝鮮の歴史にコムド(剣道)なんてナイッス。
じゃあ本国剣はなんだ?というと秀吉の朝鮮征伐で日本人の剣術に仰天した朝鮮は国王の命令で総合武術書を編纂する、それが武芸図譜通志になるわけで
本国剣はそこに記載されている(上の動画参照)、が、実質的に中国の武術書紀効新書などのコピペなのだ。
そんなんで李朝時代にぽつりぽつりと剣術をやろうとした人は居たようなのだが、それが全く継承されないのが朝鮮文化らしい。
朝鮮人は伝統的に近接戦を好まないようで、朝鮮征伐以前は弓矢、以降は鳥銃が主体となっている。
唯一武科の試験に武術が組み込まれていたが弓が主体だったようだ。
韓国がアーチェリーに強いのはそういう文化的背景のがあるのがわかるし、日本の弓道だけはパクらないのも彼らに実際弓術文化の伝統があるからだろう。
パクリ武道で自尊心を持とうとする前に本物の伝統で勝負すればいいのに。
今本国剣を復元したりして頑張っているようだが、武術の動作は絵と文だけではなかなか正確に伝わらないと思うな。

現代韓国の武道はぶっちゃけ全部パクリ。
だいたい日本と中国からパクってミックスさせて日本人から「パクリだ」と言われれば中国風なの見せて「ホラ違う」といい、中国人から突っ込まれれば日本風なの見せて「違うだろ」という。
こんなことやってるから自分がわからなくなるんだろう。


韓国起源説の起源を誰かになすりつけるための作を練ってるヒマがあったら起源説を流布してるアホを取り締まってくれよ、民族の誇り()で。
PR
【2013/04/24 10:40 】 | ウリジナル | 有り難いご意見(1)
<<Cool Kendo Video | ホーム | Bujinkan on Japanese TV show>>
有り難いご意見
無題
ウィキイにもありました

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%B5%B7%E6%BA%90%E8%AA%AC%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
【2013/05/02 11:30】| | NONAME #8d44c6be20 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>