忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
Buddhism in Korea
Korea and Her Neighbours、Isabella Lucy Bird 1898

As to the moribund Buddhism which has found its most secluded retreat in these mountains, it is overlaid with daemonolatry, and like that of China is smothered under a host of semi-deified heroes. Of the lofty aims and aspirations after righteousness which distinguish the great Buddhist reforming sects of Japan, such as the Monto, it knows nothing.
The monks are grossly ignorant and superstitious. They know nearly nothing of the history and tenets of their own creed, or of the purport of their liturgies, which to most of them are just "letters," the ceaseless repetition of which constitutes "merit."
CHAPTER XI: The Monasteries of the Diamond Mountain (pp.163-164)
http://www.archive.org/stream/koreaandh ... 1/mode/1up
http://www.archive.org/stream/koreaandh ... 2/mode/1up


PR
【2010/05/03 11:31 】 | History | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<Response from a Korean | ホーム | Kimono and Hanbok >>
有り難いご意見
無題
★日本語版の該当箇所★
「この深山に隠遁してしまった瀕死の仏教は、鬼神信仰を上塗りされ、清国の仏教と同じようになかば神格化されたおおぜいの聖者の下で窒息しかけている。
たとえば門徒のような日本の大きな仏教改革派の特色である、正義を求める崇高な目的や向上心はなにもみられない。
修行僧たちはひどく無学で迷信深い。みずから信仰している宗教の歴史や教義についてほとんどなにも知らない。
経文の意味についてもそれは同じで、彼らの大半にとってはお経もたんなる「文字」にすぎず、たえず繰り返せば「メリット」のあるものにすぎないのである。」
『朝鮮紀行』第十一章「金剛山の仏刹」
【2010/05/04 04:52】| | マゼンタ不純な天使 #99c55c1045 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>